仕事で喋らないのが辛いと悩んでいる女性が話が弾む生活を手に入れる方法

仕事 喋ら ない 辛い

 

ほとんど人と話さないと寂しくなりますよね。

しかしお喋りばかりでなかなか仕事がはかどらない。
そのおしゃべりの内容も
人の非難や文句、嫉妬、自慢話だったとしたらどうでしょうか。

私もかつて同じような職場に勤めていました。
お金がなかったので仕事が終わってからも在宅で仕事をしていました。

どうしてもその職場が合わないのであれば
辞めるでも一つの手段ですが
その前に
試してみる在宅ワークがこれ
です。

FANZAライブチャットレディ求人「FANZA LIVECHAT PRODUCTION」 国内ライブチャットで稼ぎ放題!!

毎日会話がない職場。見方を変えれば超ラッキーな職場かも?

会話がない職場をどのように我慢していくかは
あなたの性格と考え方次第です。

雑談すらなくて良いと思えないタイプ。
もしくは
仕事は仕事。別に友達として付き合うわけではないので仲良くなる必要はない。などと
割り切ることができる性格であれば
辞めるのはとてももったいない職場だと思います。

周りの環境にもよります。
周りのみんながワイワイガヤガヤと喋ってる中で
ポツンと一人だけで話すことがないような環境であれば
辛いとも思います。

しかし
話すことが主体の職場やお喋りばかりの職場だと
それはそれでイヤになるものです。

コールセンターあたりで働いてみると一日中苦情の連続です。

普通の客ばかりなら良いのですが
訳の判らないことでただひたすら文句をいうお客の話を聞くのも苦痛です。

おしゃべりだらけの部署だと
その輪に入らなければハブられる思いや、同調圧力が強くて
いやいや話さざるおえない。
自分の書類作成や自分の仕事はどうしても仕事中にできないので
残業して仕事。

ひたすら喋っているオフィスなどでは
一部のお局様は気分が良いかもしれませんが
ほとんどの人は
「黙ってくれ」「目の前の仕事を終わらせてからおしゃべりしましょう」
と言えなくて、我慢をしている人もいます。

病気なの?
と疑いたくなるようなお喋りな人が近くにいると
本当に疲れます。

結局行き着く先は
「もっと会話が欲しい」
となるか
「邪魔なので静かにしてください」
のどちらかしかない
です。

誰とも話さない日々から解放されるのは退職しなくてもできる

静かに黙々と仕事ができる職場というのを
実は求めている人も多く、
あなたのことを羨ましいと思ってる人も多いでしょう。

あなたのその職場を求めて狙ってる人が
何百人といると思ってもいいぐらい羨ましい職場です。

もしあなたが正社員なら
そのポジションをむやみに捨てるべきではありません

職場ではいちいち喋ることがない。
ランチをするのも一人で誰にも干渉されない。

そんな職場は
ある人から見れば羨望の眼差しであり、
次に手に入るかどうか分からないぐらいの良いポジションでもあります。

「おはようございます。」「お先に失礼します。」しか会話がない日ばかりであったとしても
合わない人、おしゃべりばかりする人が隣にいたときのことを考えると
最高の仕事と言えます。

想像してみてください
となりの女性社員が一日中1分も止まることなく喋りまくっている。
男性社員とキャーキャーと喚いたり笑ったり。

そう考えると
今の職場がどれだけ価値があるか少し理解できると思います。

あなたが言いたいことはわかりますよ。
一日8時間拘束されるのだから
場合によっては家族以上に一緒にいる時間が長い。

そうなると、
せめて潤滑油としてのおしゃべりや
最低限のコミュニケーションが欲しいと思うのは当然
です。
「今日は暑いね」「書類ありがとう」
といった会話ですらないと気が滅入ります。

全体的に人と関わるのが鬱陶しい何とも言えない嫌な雰囲気の職場。
職場の人を見るだけで少し抵抗がある。
毎朝出勤する時に行きたくないと思ってしまう。

あなたが求めているのは適当なおしゃべりなのでしょうが
自分の感覚にぴったりマッチした会話というのはありません。
おそらくそんな職場はありません。

自分の感性にピッタリと合う職場を求めて
いろんな職場を渡り歩くという方法がありますが、
最後の手段です。

ぴったりの職場が仮にあったとしても
その後、永遠にその仕事をできるわけではありません

必ず変わる時が来ます。

そのたびに職場を変える。
自分にピッタリの職場を求める。
というのは現実的ではありません。

もう一つの手段としては
じゃあ職場で話せないストレスはどこで発散するのか
ということに尽きると思います。

仕事が終わってから在宅のバイトでストレス発散。チャトレ最高!

私も誰も何も喋らないような職場で働きました。
残業なしで8時間で終わるので
家に帰ってからも在宅のバイトをしていました。

私の場合は特にお金が欲しかったので
自然にこういう形になったと思います。

「所詮、職場はお金をもらう場所」と割り切っていたつもりですが
それでもほとんど会話がない暗い部署で働いているとストレスは感じます。

そのストレス発散になったのが
在宅でやり始めたチャットレディでした

家に帰ってからチャットレディで2時間くらい男性と話をすると
職場での暗い雰囲気やストレスが発散されます。

家に帰ってからも誰とも話す相手がいない人は
チャットレディーをお勧めします

家に帰って何もすることがないと
仕事のストレスをずっと引きずってしまいます。

考えなくてもいいことを考えてしまい、
どうしても気分がネガティブになりがちですが
家に帰ってから別の人と話をしてみてください。

気分が一新できます

チャットレディで楽しい男性と話をすると
職場の嫌なことなんか一瞬で忘れます

変な男性ばかりのときは、嫌な気分にさせられることもありますが、
それでも長い間続けていると
紳士的なお客もいるし
固定客もついてくるようになります。
そうなってくるとチャットレディで楽しい時間が増えてきます。

気分が一新できることは間違いがないです
ついでにお金を稼ぐこともできます

昼間の明るいうちはちょっとストレスある仕事。
仕事が終わって帰ってきたら気分を一新してチャットレディ。
1日のうちに、こんなローテーションをしていると
気分の切り替えも早くなります。

チャットレディーは男性が主体に話をしてくるので
女性は聞き役と思いがちですが、
会話はキャッチボールです。

昼間の仕事のストレスも時々男性に聞いてもらえたりします

職場の雰囲気が会話がなくて暗いということを話すと
男性によっては「やめたほうがいい」という人もいました。
「俺もそんな職場に行きたい」という男性もいました。

特に役に立ったのが
ある課長クラスの男性との会話
です。
もちろん会話の中で身バレするような具体的な話はしません。

管理職クラスになるといろんな人の愚痴や文句も聞かざるを得なくなります。
その中で
同じように一日中会話もなくストレスに感じてる女性の話が出ました。
女性の方から部署を変えてくれるように言われたそうです。

管理職クラスになるといろんなとこから情報が入ります。
ストレスを感じている女性のポジションを希望する人は
数多くいたそうで、すぐにその希望は叶いました。

その女性が異動した部署は一見すると和気合い合いで
女性も多く明るい場所でした。
しかしそのうちにその女性から
「元の部署に戻してくれ」と言われたそうです。
理由を聞くと
「おしゃべりばかりで仕事にならない」
「会話に合わせなければならないのが苦痛」
だったそうです。

しかし一度手放したポジションは二度とは手に入ることはありませんでした。
そのポジションには別の人が来て仕事をしているからです。

10歳以上年上の管理職クラスの男性からそんな話を聞かされると
とても現実味がありました。

そんなことを相談できたりするのも
チャットレディというバーチャルの世界だからです

まず今のおしゃべりのないポジションを捨てる前に、
チャットレディなどでストレスを発散することを試してみればどうですか

話す男性によっては世界が変わる可能性もあります。

なによりそこまで仲良くなると
男性にお金を払って頂きながら
男性の話も聞きますが、
あなたの愚痴を話したり相談もできたりします。

チャットレディで働いている女性のツイート

「気分転換で在宅バイトを始めてみよう」まとめ

本業の職場でストレスを感じている。
それがうまく発散できなければ
1日の溜まったストレスを次の日まで引きずることになります。

家に帰ってから在宅のチャットレディをしていると
違った世界に無理やり入り込まなければならないので
大いに気分転換になります。

在宅とはいえ、黙々と一人でやるような内職のような仕事だと
おそらくストレス発散にはなりませんが
声を口に出して話すということはストレス発散になります

顔出しなしでやっていれば身バレすることもありませんし、
大手のチャットレディの会社なら情報が漏れることもありません。

チャットレディと言うと時給が良いので
本業にしてしまう人もいますが、
本業はやりながらストレス発散の場所と位置付けるとより気楽にできます

FANZAライブチャットレディ求人「FANZA LIVECHAT PRODUCTION」 国内ライブチャットで稼ぎ放題!!

タイトルとURLをコピーしました